代表メッセージ

会社案内

すべてのご縁に感謝して 代表取締役社長 武田浩一

 和菓子は世代や地域を越えて人が集う大切な場の名脇役として育まれてきました。 それは同時に家族の思い出であり、郷愁であり、ぬくもりや安らぎといった、温かな記憶 として人々の心に残り、伝えられていたものです。ところが、日本人の生活から伝統行事 や風習が次第に姿を薄くし、さらに地域性や季節感といったものも曖昧になってきました。 このような時代だからこそ、和菓子の役割をお客様一人ひとりの人生や生活の節目を彩 るものとして私たちが仕事の中で再認識し、伝えていくことが使命であると考えています。

 私たちは、お客様に「おいしい」と喜んでいただける和菓子づくりに取り組んでいます。 そのために「本物志向」「おいしさ」「独自性」を追求、「安全安心」「地産地消」をテーマに、 顔の見える生産者から原材料を調達し、社員一丸となって創意工夫しています。

 日本が世界に誇れるものは、「勤勉さ」「自然との調和」「思いやり」「責任感」などの気 質と、それらによって生み出される「高品質」という名の「信頼」です。私たちは、こうした 日本人気質を、歴史や文化と共に大切にすべきものとして、社員成長の指針にしていま す。ものづくりはチームワークです。時間をかけて互いに学び、人間関係を育み、共有す る価値観を熟成させるような企業風土がなければ、いいものづくりはできません。そのた めに社員一人ひとりが、特別栽培米の生産農家の手伝いに行く、おいしいものを食べて 感動するなど、様々な体験を通して視野を広げ、工程中の創意工夫や繊細さを理解でき る眼差しを持ち、人とのつながりに感謝していける環境づくりを心がけています。例えば、 古民家を再生した藤原店は、このような会社の姿勢や方針を具現化した店舗といえます。 創業以来重視してきた「自然や風土と共生する心」を形にするとともに、人と人が世代を 超えて交流し、日本の伝統を守り、文化を育て、心が通い合うコミュニケーションの材料 を提供させていただくとともに、社員が日本の歴史文化を学びながら創造する力を身に 付ける場としての役割も担っています。

 私たちはこれからも伝統を守り、和菓子文化を追求してまいります。

ページの先頭へ