素材へのこだわり

廣榮堂のこだわり

大いなる自然の恵みが廣榮堂のお菓子の素材です。

岡山の自然と、農家の方の熱意と努力がひと粒に凝縮されています。

 「きびだんご」の原料のひとつ、黍は、アジア、北アフリカ、南ヨーロッパなどで古くから栽培されていた穀物です。その後、日本へ伝来したと考えられています。とくに岡山県は収穫量が多く、古代「吉備国」と名付けられたほどです。この黍でつくった団子は短期の保存食や携帯食として重宝され、人々の生活に密着した食物だったようです。「きびだんご」はまさに岡山県の風土が生んだ自然の恵みなのです。
 昭和51年、廣榮堂は創業時の手づくりの味にこだわった「むかし吉備団子」復活のため、主原料であるもち米の特別栽培を地元JA岡山高松支所に依頼しました。特別栽培による農作物の美味しさや効能は今でこそ皆さんに認知されていますが、当時は全国的に見ても、この原始農法への回帰は先駆的存在でした。
 岡山市高松地区は、「政所もち」で知られた優良なもち米の産地です。しかし、生産農家の方々の特別栽培米への取り組みは決して平坦なものではありませんでした。この農法による美味しさは確かなのですが、非効率なうえ、病害虫との厳しい闘いで、収穫量は通常の60%に減少。JA岡山高松支所と生産農家の方々はこの困難に30年の時間と労力を費やし、それぞれの熱い思いで克服していただいたことは、本当に感謝しております。
 お客様に「健康」と「安全」をお届けするため、これからも農家の方々との二人三脚で、もち米はもちろん、より確かな素材にこだわって、「本当の美味しさ」を追求してまいります。

コラム

JA岡山高松支所の生産者のみなさん

 JA岡山高松支所の「安全な食品を提供する」という特別栽培米への小さな取り組みは、生産者の熱意により大きく開花しました。
 このフロンティアな活動は現在に継承され、広がっています。昭和63年、岡山県が有機無農薬農産物認証制度を策定。JA岡山高松支所の農産物は、この認定を受けています。

きびだんごの原材料

もち米 もち米
「むかし吉備団子」には「政所もち」と呼ばれるもち米の産地で有名な岡山市高松地区で栽培された特別栽培米を使用しています。あっさりとした甘さで弾力ある食感が特徴です。
きび きび
「きびだんご」は、もち米に水飴・米飴・砂糖を加えて練り上げ、最後に風味をつけるため、黍を加えて仕上げます。
黒糖 黒糖
「黒糖きびだんご」に使われている黒糖は、サトウキビの絞り汁をそのまま煮詰めた天然100%。カルシウム・鉄分・ミネラルを多く含み、甘さ控えめであっさりした味わいを生み出します。
海塩 海塩
「海塩きびだんご」に使われているのは、伊豆大島産の自然海塩「海の精」です。日本の昔からの製法で、海水から製造されている残り少ない製造場に直接足を運んで選びました。「海の精」は人の身体にとって必要なミネラルが十分に含まれています。
あずき あずき
きび大福など、廣榮堂のお菓子の餡には、北海道産の小豆を使用しています。風味豊かで、一粒一粒につやがあり、あっさりとした甘さに仕上り、栄養も豊富です。

ページの先頭へ