ネットショップ

SDGsの取り組み

食を通じて地域社会の
創造・発展に貢献

私たちは「きびだんご」を原点に、伝統と文化を未来へつなぐとともに、食の持つ可能性を拡げ、笑顔と感動を生み出します。
とのミッションに沿ったSDGsの取組を行っています。

「安心安全な菓子づくりは
素材づくり」から

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 12 つくる責任つかう責任

創業時の手づくりの味にこだわった「むかし吉備団子」の主原料であるもち米は、岡山市高松地区の契約農家の特別栽培米を使用しています。安心安全な素材の原点である「かけがえのない田んぼ」を守るために、田植え・稲刈りの時期には社員が足を運んでいます。

安心安全な菓子を
「全てのお客様」へお届けする

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 12 つくる責任つかう責任

ISO22000を基本に良質な原材料を用いて安全安心な製法で生産した商品をお客様にお届けすることで、人々の健康的な生活の維持と持続可能な生産消費形態を実現しています。北海道産のもち米や小豆をはじめ、国産の黍、沖縄産の黒糖、伊豆大島産の自然海塩「海の精」など、より確かな国産原材料にこだわっています。原材料選定の際には現地へ訪れ、実際にどのような工程でつくられているのかを肌で感じ、生産者の方の想いも受け継ぎます。

古民家再生手法による店舗づくり

  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
雄鶏店 倉敷店

古民家には日本が誇る職人の技や、それぞれの地域の歴史が詰まっています。
取り壊さないことで廃棄を減らし環境を守り、日本の伝統文化の継承と豊かな未来社会の創造に寄与しています。
また、再生に必要な伝統技術を持った職人が激減している今、少しでも多くの古民家を残していくことが日本においても課題です。
弊社直営店を技術伝承の場とし、技術を後世につなぐことも大切なことだと考えています。

地域へのつながり・学びの場に

  • 1 貧困をなくそう
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

毎年年末に地域の方をお招きし、つきたてのお餅やぜんざいを無料でふるまい日頃のご愛顧に感謝するイベントを実施。なかでもお子様の餅つき体験は近年では数少ない日本の「食文化の継承の場」となっております。(※) また、工場見学も実施しており、実際にきびだんごを生産している工程も見学していただくことで「食品」を扱う企業として「安心安全なものづくり」についての学ぶ場を提供しております。

※ コロナウイルス感染対策の観点から、今年度は内容を変更しております。

女性の活躍する職場と
様々な働き方への理解

  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 8 働きがいも経済成長も

「岡山子育て応援宣言企業」として、産休取得・育休制度最大3年(2017年)など個人の「ライフスタイル」に合わせた働き方を支援する環境を整えています。また、お子様がいるお母さんでも働きやすい「ピンク帽子制度」を導入。連携業務の多い製造現場内で異なる色の帽子を被ることにより、周りが声をかけやすくなり、助け合いながら質の高い業務を実現しています。一人一人の働き方を理解し、社員同士が思いやりをもつことで、全社員の7割を占める女性が「輝いて働ける」職場環境を目指しています。

「元気、勇気、きびだんご!」
菓子の持つ力を信じる

  • 1 貧困をなくそう
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

※2023年3月13日にAMDA様へ寄付させていただいた際に撮影

災害時には被災地へ寄付、きびだんごを社員直筆のお手紙と共に寄贈。新型コロナウイルス感染拡大の際は、岡山の企業として地域の方に少しでも元気になっていただけるよう、岡山県学童保育連絡協議会様にもご協力をいただきながら、学童クラブや保育園をはじめ、医療従事者など約280箇所へ菓子の寄付を行いました。その際一件ずつ社員が直接伺い、お届けするなど社会活動にも積極的に取り組んでいます。

フードバンクを通じた食品ロス削減

  • 1 貧困をなくそう
  • 2 飢餓をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

NPOジャパンハーベスト様にご協力をいただきながら、食品ロスの削減活動の一環として「まだ食べられるが販売できなくなった和菓子」を必要としている児童養護施設や子ども食堂等に寄付をさせていただいています。
この活動を通じて、きびだんごをはじめとする和菓子を食べる「機会の提供」をすることで、小さなお子様の食育にもつながっています。

※「NPOジャパンハーベスト」とはオーストラリアの慈善団体「OzHarvest」の廃棄食品の寄付活動に感銘を受け設立した団体です。(理事長:成田賢一様)

産学連携で地域社会の
発展及び人材の育成に寄与

  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

中国学園大学 現代生活学部 人間栄養学科とともに、岡山の土産を代表する“きびだんご”の魅力を抽出するとともに、郷土菓子として普遍的に存続させるべく、若者が食さらには和菓子に求める価値を調査・研究を通して見出していきたいと考えています。
そして、きびだんごや和菓子をはじめとする「食全般」の新たなあり方を探究してまいります。
こういった取り組みにより、地域社会の発展及び地域で活躍する人材の育成にもつながっています。

※ 2023年10月11日 中国学園大学・短期大学と包括連携協定を締結

障がい者レンタルアート
イベント実施

  • 8 働きがいも経済成長も
  • 10 人や国の不平等をなくそう

個性豊かな作品たちをより多くの方々に触れていただくことでアーティスト自身のモチベーションに繋がるとともに、展示されているレンタル料が活動支援となっています。これまで障がいのある方のアート作品と接点のなかった人々が「出会う機会」をつくることが、社会貢献に繋がると考えています。
*2021年12月1日~2022年5月31日 開催

地元スポーツチームへの
支援を通じて岡山を元気に

  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

「ファジアーノ岡山」をはじめ地元のスポーツチームへの支援を通じて元気な町づくりに貢献しています。
また、アスリートは子どもたちに夢を与えてくれていると思います。
子どもたちの明るい未来の為にも、これからも地元スポーツチームを応援して参ります。

お問い合わせ
0120-104937

フリーダイヤル
受付時間 9:00〜17:00

FAX 086-272-4547